Home > 理事長の部屋

理事長の部屋

        ~~~~前略~~~~ 

 今日からそれぞれの専門分野の学業を深めるためにも、新しい友達や地域社会との交流を積極的に行動されることを期待しています。

  さて、今日の日本社会においては全ての観点でグローバルに活躍できる人材が求められています。「グローバルな人材」の概念とは概ね3つ程の要素として、①語学力を含むコミュニケーション能力 ②主体性やチャレンジ精神 ③異文化に対する理解と日本人としてのアイデンティティ-(身元・正体)となります。これらの要素をこれからの学生生活を通して培ってほしいと思いますが、日本人として最も大事な要素は③の日本人としてのアイデンティティーです。アイデンティティーとは、身元・正体という意味ですが、私たちは外国の人に、日本についてどれほどのことを伝える知識や思いを持っているでしょうか。日常話している言葉や日本の生活習慣などについてどれほど話せるでしょうか。例えば、茶道ですが、外国の人もお茶は飲みますが、でもお茶の「道」とは言いません。外国の人もいろんな花を植えたり愛でたりしますが、花の「道」とは言いません。外国の人もいろんな文字を書きますが、書く「道」とは言いません。何故、日本人は茶道・華道・書道と言うのでしょうか? 

 本校にはいろんな国々から80名近い留学生達が日本の文化・日本の教育や日本社会に興味を持って皆さんと一緒に学んでいます。留学生達が日本の皆さんに質問した時に正確に伝えることが出来るでしょうか? 世界の国々が物質的にどんどん発展し文明国家になっても、その国にある独自の文化が基本となり、伝承されていくことによりその国はグローバル国家となって行きます。

 物質的な豊かさを求めることも大事ですが、同時に、或いはそれ以上に精神的な豊かさを持つように、まず本校での国際交流を始めいろんな国際交流を積極的に行って下さい。外国の人から日本のことや日本人のことを聞かれて発見することは多々あります。グルーバル人材とはどんなことかを考えることが新しい自分探し、新しい自分を発見できるかも分かりません。

  健康豊かな学生生活を送れるように祈念し祝辞とします。

                            浦山 哲郎

2015年4月29日 |

~~~~前略~~~~

本日から学業のみならず新しい友人や地域社会との交流も始まろうとしています。そのような新しい環境の中で、新入生の皆さんは、いろんな夢や目標をもって本学に入学されたと思います。

私も、夢や目標を持っています。当然のことながら、自分の夢や目標を絶対に叶えたいと思う気持ちも強く持っているつもりですが、その夢や目標に向かって現実的にやっていくと、もしかして実現が難しいなぁ~と感じる自分が少しずつ出てきます。難しいなぁ~と思う壁をどのように乗り越えるかをこれからの学生生活で学ぶことが重要です。成功者と言われる人たちを見てみると、共通点があることに気づきます。それは、人や社会のことにどれ関心を持ち、どれほどの思いやりを持てるか、ということです。

 

筑波大学に山海嘉之という電子工学の先生がいます。病気の人や、車いすを利用されている障害のある方や高齢者の人たちがもう一度自分の足で歩きたい、筋肉が衰えて重いものを持ち上げることが出来ない人が難なく持ち上げることが出来ないか、という思いを強く持っています。山海先生は、どんな人でも、人は物事を受け入れる高い能力を持っていることを常に信じ、そして、このような人たちを何とかしてもう一度歩けるようにしたいという思いを強く持っていました。人の脳は神経を通して筋肉へ信号を送り、その信号が生体電位信号として皮膚の表面に漏れ出てくるそうです。 その原理を応用して、ついにロボットスーツを開発し(簡単な器具を装着する)、現在実用化が始まりました。 ハーバード大学はじめ全世界の有識者が興味を持ち始め、ロボットスーツは全世界で実用化され、量産化も間近になってきたそうです。将来はメガネのように体の一部になったり、洋服を着る感覚で着用できるようにしたいと山海先生は考えていますが、これも皆さんが社会に出る頃には実用化されているかも分かりません。

 

新入生の皆さんはヒトをケアーするという、大変崇高な分野を志願し、本学に入学しました。ヒトや社会への思いやりの気持ちが強ければ強いほど、どんな困難な局面に直面しようとも、夢や目標を叶える可能性が高くなります。

私たち教職員は、皆さんが健康で楽しく、多くを学習出来るように頑張ります。

皆さんの入学を心より歓迎し、入学式の祝辞とします。

                          浦山 哲郎山                      

2015年4月27日 |

 

        

              ~~~~前略~~~~

 さて、日本経済は好景気に転じ始めましたが、就職戦線においてはまだまだ厳しい状況だったと思います。そのような中で、97%の内定を獲得出来たことは大変素晴らしく、重ねて祝意を表します。

 卒業生の皆さんの多くは、国家資格を取得し、医療や福祉の分野で専門職として人をケアする仕事につきますが、人とひととの関係で一番大切にして欲しいことは、「お互いに関心を持ちあう」ということです。

皆さんもよく知っている、あのヘレン・ケラーは「世の中に怖い病気はたくさんあるけれど、無関心というのは最も怖い病気だ」と言っています。また、マザー・テレサが周囲の人々に、「愛の反対の言葉はなんでしょう?」と問いかけました。人々が「それは怒りです」「それは憎しみです」「それは復讐です」などと答えたのに対し、マザー・テレサは、「私は愛の反対の言葉は無関心だと思います」と答えたそうです。

 

 皆さんが学んだ、この富山福祉短期大学の建学の精神は、「質実にして明朗な人格形成」そして「専門的な学問とその応用を通して社会に貢献する人格形成」と謳っています。 人格形成というと難しく感じますが、一人ひとりの人柄とか、品性と同じ意味を持ちます。素敵な人柄品性はより多くの分野の人とのかかわり、より多くのモノとのかかわりを通して形成されていきます。

 皆さんがこれから進んでいく分野は、「かかわり」がとても重要な分野です。無関心でいることなく、いろいろな分野の人々に、そしてさまざまなモノや社会の出来事に積極的に関心をもちながら、心を寄せて下さい。素晴らしい専門家になるとともに一人の素敵な人になられんことを期待して、皆さんの船出への祝辞とします。

                       浦山 哲郎

2015年4月24日 |

~~~前略~~~

今ほどは黙祷をささげて頂きありがとうございました。被災地の復興は、いろんな課題が山積しているためか、いまだ進んでいない状況を報道などを通して目の当りにするにつけ、私たちに出来ることは何かと自問自答します。

自然界に生きる私たち人間は、決して孤立して生きられるようにはつくられていません。このため、助け合う、ということが人間にとって、大きな道徳になっています。助け合うという気持ちや行動の本質は、いたわりという感情です。それは、他人の痛みを感じることや優しさと言いかえることが出来ます。いたわり、他人の痛みを感じること、そして、優しさはみな似たような言葉ですが、それらは私たちが生まれ持っているものではありません。ですから私たちは教育を通し、訓練をしてそれらを身に付ける必要があります。

被災地の方々へのいたわり、痛みを感じ、被災地の方々への優しさを自分の中で作り上げていくことが大切と思います。私たちひとり一人がそのように自分を作っていけば、日本社会や世界各地で起きている悲惨な局面に対しても、もっと平和で、仲良く、そして幸せに暮らせるようになると思います。

さて、この卒業式の会場にも、長年の夢であった、新幹線の走る音が聞こえてきます。計画から開通まで50年の半世紀の長きにわたり、日本が誇る技術革新の夢がついに現実となりました。夢を実現するためには、いろんな知識や技術が必要ですが、それと同様に、もしくは、それ以上に必要なものがあります。それは、目標に向かい、どのような困難があろうと乗り越えようとする「志」です。

新幹線の線路は鉄でできていますが、鉄は非常に錆びやすい鉄鉱石で出来ていますので、使わないと当然錆びてきます。

新幹線のレールも使わないと錆びてしまいますが、毎日、車輪と接触し、その摩擦により、錆びにくくなります。そして、鉄は叩けば叩くほど、磨けば磨くほど、鉄より硬い「鋼」となります。このように、新幹線のレールは車輪との摩擦に耐えることにより、より強いレールとなっていきます。

 卒業生の皆さんが船出する社会は可能性が充満している石箱のようなものです。これまで学んできたことを通して、常に目標そして「志」を持ち、その実現のためにもいろんな摩擦を積極的に体験して下さい。一日一日の積み重ねが、強く・魅力ある自分を作り上げてくれます。

出会いと別れは世の常ですが、卒業式を迎えた今日の別れの中にこそ、皆さんと私たち教職員の強い「絆」があることを忘れません。これからも健康でより一層活躍されることを念じながら祝辞と致します。

                                   浦山哲郎

2015年4月22日 |

                                               平成26年4月5日

                  富山福祉短期大学第18回入学式

 

~前略~

学業のみならず新しい友人や地域社会との交流も始まろうとしています。新入生の皆さんは、いろんな思いをもって、本校に入学されたと思いますが、その初心を大事にしながらいろんなことに果敢に挑戦してほしいと思います。「初心忘るべからず」の意味は皆さんも知っていると思いますが、これは日本の伝統芸能で世界無形遺産にもなっている、「能」を大勢させた世阿弥の言葉です。「何においても、次第に慣れてくると慢心してしまいがちになるので、初めの志を忘れてはならない」という意味で使われていますが、世阿弥の意図するところは、少し違いました。世阿弥にとっての「初心」とは、自分の芸の未熟さをいつも恥じながら、その未熟さを折に触れて思い出すことで常に精進することを意味します。つまり、「初心忘るべからず」とは、人生の試練の時に、どのようにその試練を乗り越えていこうとするかという生き方を示しています。

 

また、最近映画にもなりましたが、茶人の千利休は「稽古とは(学びとは)一より習い十を知り十よりかえるもとのその一」と教えています。稽古(学び)というのは、初めて一を習う時と、十まで習いまた元の一に戻って再び一を習う時では、人の心は全く変わっている。十まで習ったからこれでよいと思った人の進歩はそれで止まってしまい、その真意をつかむことは出来ないとの教えです。つまり、基礎基本の重要性を教えています。

 

これからの皆さんは多くの分野で多くのことを学びます。そしてほとんどの学生の皆さんは国家試験や検定試験を受験します。「初心忘るべからず」そして常に「もとのその一」に戻ることを謙虚に真摯に実践躬行し、いろんな形でやってくる試練を乗り越えていって下さい。

 

私達教職員は皆さんが健康で、楽しく、しっかり学べる学生生活を送れるようにいつも皆さんの傍にいます。皆さんの入学を心より歓迎し、入学式の祝辞とします。

 

 

2014年4月11日 |

                                              平成26年3月15日

                 富山情報ビジネス専門学校卒業証書授与式祝辞

 ~前略~

今ほどは黙祷を捧げて頂きありがとうございました。311を通して、私たちは自然に対する畏敬の念を覚醒させ、自分の力だけで生きているのではなく、自然界という大きな存在の下に、互いに助け合いながら生きていることを改めて感じました。そして、日本国内のみならず世界の各方面からの支援に、「絆」の強さや大切さを改めて感じていると思います。

 

「人と人とのつながり、心や行動における深いつながり」を示す「絆」は、皆さんが船出するこれからの社会においても極めて重要な観点ですが、「絆」を作りあげることは簡単なことではありません。長い時間もかかるだろうし、幾多もの関わりややり取りをしながら、お互いに壁を乗り越えようとするところにのみ「絆」は生まれます。

 

「きずな(絆)」という漢字は「ほだし」という読み方があります。「ほだし」の意味は、馬が自由に歩けないようにつなぎとめるための縄を示します。つまり、人の心や行動の自由を縛るもの、自由を妨げるもの、という意味合いです。

 

本校での学生生活において皆さんの家庭内においても、自分では中々思うように出来ない、思うようにならない、多くの「ほだし」があっただろうと思います。先生達からの注意、両親からの注意など、時には煩わしく思ったと思いますが、いろんな壁を乗り越えてきたからこそ、親子の絆・先生達との絆そして友達同士との「絆」が生まれ、結果として、各種の国家資格や検定に合格し、そして100%の就職や進学が出来ました。これからの社会の中で乗り越えていかなければならないいろんな壁が出てきますが、自分自身に自信をもって、積極的な人生観で、いろんな「絆」を作って下さい。

 

出会いと別れは世の常ですが、卒業式を迎えた今日の別れの中にこそ、皆さんと私たち教職員の強い「絆」があることを忘れません。

これからも健康でより一層活躍されることを念じながら祝辞と致します。

 

2014年4月 6日 |

平成254月6日          

 

平成25年度第17回富山福祉短期大学入学式

        

   ~~~前略~~~

 

本学の教育理念には、より高度な専門性を高めるためにも、人間としての素養・教養を高めることが重要であることが明記されています。素養とは、学問や技術の基礎をつくるための平素からの修養、即ち、「心がけ」「たしなみ」のことです。教養とは、学問や知識等によって養われた品格や品位のことを意味します。

素養や教養はどのようにしたら高めることが出来るのでしょうか?そして、それが結果として、より高度な専門的な学問につながるのでしょうか?これを新入生の皆さんと私達教職員で一緒に考え、作り上げていく文化が、富山福祉短期大学の教育の要にあることをお互いに認識共有し、それを実践していきたいと思っています。

 

皆さんはこれから医療・福祉・教育の分野を学びますが、今、日本社会は、どの分野においても、どの地域においてもグローバルに活動出来る人材の育成が極めて重要と言われています。お茶の水大学の藤原正彦先生は、ベストセラーになった、「国家の品格」の著書の中で、グローバルな人材には「4つの愛」が必要だと言っています。先ず、家族愛です。それから郷土愛、それから祖国愛で、この三つが固まった後で、最後に人類愛だと。そして、このうちのどれかが欠けていたら、世界に出て行っても誰も信用してくれないと明言しています。

 

既に2年経ちましたが、一昨年の311日に発生した東日本大震災は、1万8千人の死者・行方不明者を出し、いまだに31万人の人達が避難者としての生活を余儀なくされています。両親を亡くした幼い子供達、奥さんや子供達を亡くした中年の男性達など、被災者の人達が、失った家族のためにも、そして壊滅状態になってしまった郷土のためにも、必死で生き抜こうとしている姿が、世界各国から称賛されている「日本人の精神文化」だということを私達は改めて認識する必要があると感じています。

 

日本は世界の中でも物質的には相当に裕福な国になりました。しかしながら、日本人の精神文化の要であった、礼儀や日本人としての矜持・誇りを失ったと感じられる面も相当に多くなりました。これから始まる学生生活で、日本人の精神文化とは何か?それを基本に皆さんが目指そうとする専門分野とどのようにかかわらせていくかを多いに語りあって下さい。

 

私たち教職員もそれに相応しい存在になれるように、より一層頑張ります。

皆さんの入学を心より歓迎し、入学式の祝辞とします。

                          浦山哲郎

2013年4月25日 |

          平成25年3月9日                   平成24年度第44回富山情報ビジネス専門学校卒業式祝辞

 

~~~前略~~~

 

卒業生の皆さんの大半は2年前の20114月に入学しました。来週の月曜日は311東日本大震災から早2年を迎えようとしています。死者・行方不明者18千人以上、世界史上最大の20兆円以上ともいわれる被害を出しました。卒業式や入学式も行えなかった学校も数多くありました。いまだに避難者の方々が31万人以上ともいわれ、被災地の復旧が思うように進まない状況です。卒業生の皆さんも見舞金やいろんなボランティア活動をしてくれましたが、今日のこの卒業式を通して、改めて哀悼とお見舞いの意を表し、これからもいろんな機会に私達で出来る行動を起こしていきたいと思います。

 

皆さんは本校で多くの専門科目を学んできましたが、本年度後期授業から導入された「親学」の科目はそれら専門科目の基礎・基本となります。

「親学」のキーワードの一つに「主体変容」という教えがあります。「主体」とは自分の考え、感じ方、脳の中で思っていることです。「変容」とは姿や形が変わること、変えることを意味します。即ち、主体変容とは「自分自身を変えていくことでより成長を目指す」ということです。「自分自身を変える」~そんなことは口で言うほど簡単ではないと、いろんな意見もあるでしょう。

 

森信三という日本を代表する哲学者・教育者が大阪天王寺師範学校・現大阪教育大学での講義をまとめた著書の中に「教育と礼儀」の章があります。その一節には次のように書いてあります。「教育において、一番大事なことは"礼儀"ではないかと考えている。"礼儀"というものは、ちょうどうつ伏せになっている器を仰向けにするようなことだと思う。器がうつ伏せのままだと、幾ら上から水を注いでも少しも溜まらない。ところがいったん器が仰向きになると、注いだ水は一滴も漏らさず器に溜まる」という内容です。

 

皆さんはこれから社会人としていろんな人に出会ったり、いろんな壁を乗り越えていく局面が多く出てきます。どんな優れた人に接しても、如何に優れた教えを聞いても、心の器がうつ伏せのままでは心に溜まることはありません。

森信三先生は"礼儀"を実践すること、即ち、人やものに接するときは尊び敬う気持ちで接することによって、うつ伏せになっている心の器も仰向けになると教えています。これが「主体変容」ということです。

 

いろんなことが思うようにいかないと感じる時、夢や希望が持てない時、どうも人とうまくいかない時は、心の器に上向きにしてみよう、と自分に言い聞かせてみて下さい。これまで見えなかったことやこれまで気づかなかったことも感じるようになります。

 

どうか健康で、そして「主体変容」を楽しみながら積極的な人生を築かれんことを念じつつ卒業式の祝辞とします。卒業おめでとうございます。

                      浦山哲郎

 

                                  

2013年4月21日 |

 

929日、台風の影響が心配されたが絶好の運動会日和となった。社会福祉法人浦山学園福祉会は二つの保育園を経営する。射水市が永年運営していた保育園の民営化に伴い平成18年に新湊作道保育園、そして今年(平成24年)から小杉西部保育園を経営している。

                                      

保育園の運動会は、諸般の事情で、それぞれの園庭で29日同日開催となったため、両保育園をそれぞれ見学することとなった。どちらの保育園も子供たちに声援を送り、成長を見守るご両親やご家族の人たちでいっぱいであった。

 

新湊作道保育園は経営を受託してから7年目となるが、運動会の内容も年ごとに充実してきた。今年も、園児達の各種目に取り組む姿勢が真剣で、一所懸命であることが園庭いっぱいに広がっているように感じられた。全体参加の種目は楽しそうな中にも一定の規律があった。保育園ではあまり見られない組み体操では、園児同士が相手の動きを見ながら、ひとつ一つをこなしていく姿に保護者の人達の感嘆の声があちこちから聞こえた。

 

そして年長児のリレーは保護者の目を一段と惹きつけた。保育園としては大変広い園庭に恵まれ、80メートルのトラックで園児達は毎日リレーの練習をしているので、スタートの姿勢や走り方は小学生でも出来ないようなフォームが身についている。いよいよ第一走者がスタートラインに立つ。スタートラインに立つ園児達の姿勢自体が、遊戯ではなく競技が始まる雰囲気を作り出し、保護者達の目をより一層惹きつけていた。

 

ピストルの音とともに園児たちの懸命に走る姿に保護者の人達の応援は絶頂段階に到達。園児達が見せてくれたリレーは運動会の最後の種目を飾るに相応しい競技となった。そして、更なる感動は表彰式でもあった。1位になった園児達は、勿論のこと、笑顔でメダルを受けとったが、2位そして3位の園児達の何人かは、何と、悔し涙を拭いながらメダルをかけてもらっていた。

 

「練習の時から各チームは一位を目指し練習をしてきた。いつの日からか、園児達は2位、3位だと喜ばなくなった。みんな一位を目指し、素晴らしい競争意識を培ってきたのかもしれない」と、稲田園長も目を潤ませながら話してくれた。来賓でお迎えした小学校の校長先生は、この子たちが小学校に入学してくることが本当に楽しみだと感想をもらしてくれた。

 

「2番では駄目なんですか?」と、消極的な日本人の象徴として揶揄された元大臣の発言ではないが、自信をなくしたかのように内向きになってきた社会の局面で、2位そして3位になった園児達の悔し涙は、宝物のような感じがした。

 

新湊作道保育園の保育目標は、「心と体と知の健やかな成長」である。日ごろの運動で体を鍛えると共に、年長は一年間で1,000冊の本を読むことなども重点目標となっている。簡単ではないが、園児達の可能性は無限大である。日々試行錯誤的に保育目標達成に向けて実践躬行している園長はじめ職員に感謝したい。

                             浦山 哲郎
2012年10月 3日 |

~前略~ 

 

本年度は、3学科に210名の新入生を迎えました。うち富山県外からは50名が入学し、これからの学生生活が学業のみならず県域を越えて友人や地域社会との交流も活発に始まろうとしています。

近年本学の就職率・進学率は、ほぼ100パーセントに近い実績をあげています。

本学の設置学科は医療や福祉施設を中心にいずれも求人率が極めて高い分野ではありますが、しかしながら、これは一人ひとりが高い目標持ち、そしてそれに向かう努力なしでは果たしえないことです。

 

本学の教育理念の要は、「知行合一を基本に実践躬行する」ということにあります。「知行合一」とは、知識と行為は一体であるということ。知識はあっても実践しないものは本当の知識ではなく、「実践躬行」とは、言葉だけではなく自ら実際に行うということです。

より多くの知識・より高度な知識を積極的に学び、知行合一の理念のもとに、実践すると、必ず新しい自分が見え、今まで以上に周りの人やものに関心を持つようになります。さまざまな課題に積極的に取り組み、ボランティアも含めぜひ実践してみて下さい。

 

「社会が何をしてくれるかではなく、自分が社会に対して何が出来るか考えよう」、これは元アメリカ大統領ケネディの言葉ですが、昨年の3・11から早一年が経過した東日本大震の復旧に一人ひとりが如何に行動を起こすか?少子高齢化の進む社会において、学んだ知識をもとにどのような活動を起こすべきか、試行錯誤しながら取り組んでいってください。本学での2年間、3年間は短期間ですが、知行合一を基本に実践躬行していけば、驚くほどに成長できる学生生活になります。

 

私達教職員も、皆さんが健康で、楽しく、しっかり学べる学生生活を送れるようにサポートしてまいります。ご入学おめでとうございます。

2012年5月 2日 |

ページトップへ