Home > インフォメーション

インフォメーション

3.11 東日本大震災への思い 弔意表明

2011311日・・あれから8年の月日が経過しました。

この8年間私たちはどう生活し、どう生きてきたでしょうか。

被災地の復興は着実に進んでいるように見えます。
しかしながら、まだ、多くの方が、帰りたくても帰れない故郷へ思いを馳せ、

一方で故郷の絆を継承しようとする活動も多く見られるようになってきています。

今現実として、この8年間様々な思いを抱きながら、私たちと同じステージで生活し、頑張っておられる方がたくさんいます。


私たちは、もしかしたら、この8年間そうやって頑張って生きてこられた方、

今私たちの近くで頑張っておられる方に、いつしか、元気や勇気、そして笑顔を逆にもらっているのではないでしょうか。

地域創生、地域活性の一役を担わなければいけない教育機関として、そのような表向きでは計り知れない思いにどのように寄り添い、どのように一緒に歩んでいくことができるか、そのような心と志をもてる'ひと'を育て、地域社会の皆さまとともに成長していくことが、私たちの使命・役割と信じ、これからの教育活動・地域創生に取組んでまいりたいと思います。

ここに改めて、今こうして生きていること生かされていることに感謝し、東日本大震災で犠牲となられた方々に対し、心より追悼の意を表します。

ページトップへ