Home >

学校法人 浦山学園

昇格・異動・そして新採用の皆さんに辞令をお渡しし、22年度が今日から新体制・新陣容で始まります。どうぞよろしく御願い致します。

辞令交付をする意義は、日本や世界の未来に向けて、学園の教育理念である、「より良き社会の形成に自ら貢献できる人材育成」を実践躬行する教職員組織を確認することにあります。

 

昨年の92日には、この場所で、中期経営計画のキックオフを全教職員で行いました。

財務状況なども含み、現状を説明し、創立45周年を迎える本年の2010年度(22年度)そして創立50周年を迎える2015年度に向けて、全教職員一丸となって改善に取り組むことを皆で誓い合いました。

 

~中略~

 

申しあげるまでもなく、教育機関は、教育とマネジメントが両輪です。

「教育とマネジメント」を常にバランスよく運営していくことは、簡単なことではありませんが、このバランス度合いが第三者評価においても問われていることは、皆さんも十分承知していることだろうと思います。

最近お世話になっている人から、理事長「もしドラ」読みましたか?って聞かれました。最近のベストセラーなんだそうです。全く知らなかったので早速購入し、読んでみました。長い題名で、『もし高校野球の女子マネジャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』という本です。ドラッカーは、皆さんもご承知の通り経営学を世界に紹介、確立させた大変著名な学者で、その著書の「マネージメント」は経営のバイブルともされている本ですが、最初は高校野球の女子マネージャーとのつながりがまったく見えてこない感じでした。

しかし、ページを重ねていくうちに、この高校野球の女子マネージャーの立場と教育機関の理事長をはじめ教職員という立場が全く同じであることに気づき始めました。

 

物語は、あまり強くない公立高校の野球部の女子マネージャーになった主人公みなみ(ちゃん)が、野球部を甲子園に行かせる物語ですが、そう決めたはいいものの、どうしたらそれが実現できるかを模索していく中で、ドラッカーの経営書「マネージメント」に出会います。はじめは本の難しさに戸惑うのですが、野球部を強くするのにドラッカーが役立つことに気づきます。そして野球部の仲間たちが、ドラッカーの教えをもとに力を合わせて甲子園を目指す物語です。

 

主人公のみなみちゃんは、野球とは無関係の組織経営について書かれた、ドラッカーの教えが高校野球とどのような関係があるのか、最初は全く理解が出来ませんでした。

やがて、みなみちゃんは、野球部のマネージメントに取り組み、マーケティングに取り組み、そしてイノベーション(革新・新機軸)に取り組みながら、結果、劇的な甲子園出場を果たすストーリーです。

 

私はこの本を読んでいて、ものすごい反省の思いをいただいたのは、自分では意識していた、そしてやってきたつもりの基本的なことが、実は出来ていなっかったのではないかとたということです;

ひとつは、ドラッカーは「マネージャーとして必要な資質は真摯(まじめでひたむきであること)」であること。そして、ドラッカーのいう「真摯(まじめでひたむきであること)」とは、「成果を出すことにおいて責任をもつ」ことと定義していることです。

これまで、私は学校経営に伴い、皆さんと話し合いながら、いろんな重点目標を決めてきました。しかし、達成できてないことが相当あります。やってないことが相当あります。

「それなりに頑張ったからいいじゃないか」はドラッカーのいう「真摯さ」が欠けていたと、反省をしています。今年度から、改めて、「成果をだすことに責任を持つ」経営を目指します。

 

また、ひとつは、ドラッカーは「組織は、顧客の創造をやらないと存続出来ない」と明言しています。そして、ドラッカーは、そのためにも「顧客は誰か」を明確に設定し、「顧客の役に立つこと」が重要だといっています。

この学園の顧客は入学対象者である高校生・家族・高校・在学生・高校・採用してくれる企業や施設などと考えられますが、学園として明確に設定し共有できていません。

明確に設定できていないので、顧客の創造がどこまで出来ているのか確認できていない部分があるし、どれほど顧客の役に立っているのか、確実なデータに基づいたものもありません。これでは、教育理念があっても、コアサイクルがあっても、理事長としてどのような学園にしていきたいのかが、皆さんに十分伝わっていなくても仕方がなかった、と感じています。

 

高校野球の女子マネージャーのみなみちゃんにとって、マネージャーの資質は真摯であること、真摯さとは成果を出すこと、顧客の創造無しには企業存続はありえないこと、高校野球の顧客とは誰か、その顧客にどうすれば役に立つということになるのか、などは考えもつかないことだっただろう思います。しかし、ドラッカーの教えを素直に学び、実行するという、知行合一を基本に実践躬行したことにより、組織とは何か、ということや、またそれを円滑に運営するにはどうすればいいかということを、みなみちゃんは学びました。

そればかりか、それを超える人間への深い洞察や真理といっては大袈裟かも知れないが、人間とは、社会とは、、について大事な事柄もみなみちゃんは学びました。

私も心を揺さぶられ、感動もしました。

 

皆さんも是非読んでみて下さい。

それでは今年一年よろしく御願いします。

2010年4月27日 |

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。

そして、保護者の皆さん、本日は誠におめでとうございます。

また、年度初めのご多忙の中、多くのご来賓の方々のご臨席を賜り厚く御礼申しあげます。 

 

新入生の皆さんには、今日から始まる学生生活が生涯での色々な想い出になるように、意欲的に学び・学校行事にも積極的に参加して欲しいと願っています。一方で、景気後退で就職環境も厳しくなっていることは皆さんも承知していることと思います。昨年度本校の就職率・進学率は95%と、不況下においても努力した結果だと思いますが、今企業や社会は、国家資格や様々な知識と同様に、或はそれ以上に、対人関係能力やコミュニケーション能力を求めています。

 

本来、日本人はもともと対人関係能力やコミュニケーション能力が高い国民でした。大人のみならず子ども達までも礼儀正しく、誠実で勤労精神旺盛で、大変に道徳性が高い国民として、外国の人たちからも尊敬されていました。

本校の教育目的に「徳性の涵養を基本として」という一節があります。「徳性」とは、道徳をわきまえた心、を意味します。「涵養」とは、自然にしみこむように養成すること、を意味します。

 

「徳性」というものは、ちょうどうつ伏せになっている器を、仰向けに直すようなものだと、哲学者の森信三は言っています。うつ伏せになっている器に、いくら上から水を注いでも、少しも内側にたまりません。ところが、一旦器が仰向きにされると、注いだだけの水は、一滴もあまさず全部がそこに溜まります。実際私達人間は、敬う心・感謝の心を起こさなければ、いかに優れた人に接しても、いかに立派な教えを聞いたにしても、心に溜まるということは少なくなります。

 

授業が始まる時・終わる時の「挨拶」、人とすれ違う時の「挨拶」。こんな日常の学生生活の中で、自ら進んで「挨拶」するだけでも、敬う心や感謝の心が芽生えてきます。

 

私たち教職員もそれに相応しい存在になれるように、より一層頑張ります。

皆さんの入学を心より歓迎しつつ、入学式の祝辞と致します。

 

 

2010年4月27日 |

41回の卒業生の皆さん卒業おめでとうございます。皆さんが本校に入学し、今日の卒業式を迎えるまでの数年間は、例年以上に多くのドラマがありました。それ故に、今日の卒業式はひとしお感慨深いものがあります。

ご家族の皆さんも、数々の想い出深いことがあっただろうと推察いたします。これまでのご苦労に改めて敬意を表し、お祝いを申しあげます。

そして、大変ご多忙にもかかわらず、多くのご来賓の方々にもご出席賜り、卒業生の門出をともに祝福いただけますこと誠に有難く、厚く御礼申し上げます。

 

さて、私は先ほど、皆さんがこの学校に入学し今日の卒業を迎えるまでに多くのドラマがあったと言いました。大変に厳しい求職難の中、就職活動に伴い、いろんな壁がありました。それを乗り越えようと、皆さんと先生達が、昼夜を問わず、多くのコミュニケーションをとってきた中で生まれた数々のドラマがありました。留学生の皆さんが、異国の日本で、一生懸命に勉強した中で、国立大学の医学部を含み全員の進学を決定するまでのドラマの数々。そんな数々のドラマが生まれたのは皆さんひとりひとりが、どんな困難も乗り越えようとした勤勉さと行動が作り出した、美しい人間模様だと感じています。

 

私達の人生には必ず逆境というものがあります。特に今の日本は多少の力ではあらがいようの無い逆境と直面していますが、世に成功者と呼ばれる人たちには必ず「あの困難をよくやり遂げた」「あの苦痛をよくやり抜いた」という艱難辛苦の体験がある、という話をよく聞きます。

成功の種は苦難のときにまかれ、失敗の種は得意のときにまかれると、いう教えがありますが、困難に処する時は慎重に臨み、また気を引き締めて立ち向かうことを学び、それが結果として成功を呼び込むことにつながるというわけです。逆に失敗の多くは得意になっているときにその兆しがあるという教えです。

 

成功失敗は時の運という一面もありますが、成功する人には成功するだけの理由があり、失敗する人も失敗して当然の理由があるといいます。そのような観点に気づき、反省し、小さなところから改めていく-そのような地道な思いや行動を積み重ねることが運命を開く秘訣でもあると思っています。

 

今日の卒業の日が、より健康でより豊かな人生に向けての旅立ちになることを祈念して祝辞とします。卒業おめでとうございます。

2010年4月27日 |

 

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。

そして、保護者の皆さん、本日は誠におめでとうございます。

また、年度初めご多忙の中、多くのご来賓の方々のご臨席を賜り、新入生を励ましていただきますことに大変ありがたく厚く御礼申しあげます。

 

入学生の皆さんは、何かが新しく始まる期待と不安が入り交じる中で、それぞれの目標に向って「志」を立てていることだろうと思います。今日から始まる新しい学生生活の局面で、「志」を立てる、ということを改めて考えてみて下さい。「志」というのは、遥か彼方の遠くにあって、簡単には近づくことはできないものと私は考えています。

また、手を伸ばして引き寄せることも出来ない。つまり、高い「志」というのは簡単には叶えられない。そういう大きくて遠くにあるものだと思います。その「志」に向けて皆さんが努力したとき、その努力は自分自身のためにもなるけど、社会のためにもなります。これが「志」の大事な条件です。ここが「欲望」と違うところです。個人の「欲望」というのは、その人がいくら努力して、その人のためになっても、社会や国家のためにはならないものが多いことがあります。そして、自分で決めた「志」は寝ても覚めても忘れなくて、どんな困難と直面してもやめない、諦めないことが大事です。

 

より大きくて、崇高な「志」は、より大きな「心」に宿ります。人間の体というのは、「大きい、小さい」という差は、十倍とか十分の一倍ということはありません。体重で言えばせいぜい二倍か三倍で、背の高さも二倍高いというケースはあまりありません。それに比べ、その人が持つ「心」の大きさは、十倍とか百倍ではなく、千倍も一万倍も大きな差があります。「心」というものは目には見えません。しかし、「心」の大きさは知ることはできます。いろんな見方はありますが、どういう人が「心」が小さいかというと、自分さえよければ、というようなことを考え、そういう行動をとっている人の「心」は、小さくて狭くて浅いような感じがします。一方で、自分のことも大事、家族のことも大事、学校全体のことも大事、日本の社会のことが大事、国家のことが世界のことが、というように、自分と同じように他人のことも思いやれる、いろんなことに関心を寄せる、そういうものをもったときには「心」はどんどん大きくなっていきます。

 

本学の教育理念の一節に、「より良き社会の形成に自ら貢献出来る人材育成を期する」とあります。今日から始まる本学でのキャンパスライフで、学びを基本に、多くの出会い、多くの活動に参加しながら、友達や家族の人たちにも話せる「志」を立てて下さい。

 

どうぞ、健康で、楽しく、意義ある学生生活を送って下さい。

入学おめでとうございます。

2010年4月27日 |

日増しに春めいて全てが躍動を始めるこの良き日に、めでたく学位を得て社会に巣立っていく卒業生の皆さんおめでとうございます。心から祝福を送ります。

今年も多くのご家族の方々にご出席を賜りました。ご家族の皆さんのお喜びもひとしおのことと思います。これまでのご苦労に改めて敬意を表し、お祝いを申しあげます。

そして、ご多忙にもかかわらず、多くのご来賓の方々にご出席賜り、卒業生の門出を祝福していただけることは、誠に有難く厚く御礼申し上げます。

 

さて、卒業生の皆さんは本学に入学して以来、数々の素晴らしい成果を残しました。その一つは、この就職難の局面に98,3%の就職・編入学を決めたことです。これは皆さんひとりひとりが、どんな困難も乗り越えようとしてきた勤勉さと行動が織り成した、素晴らしい人間模様だと感じています。

 

これまでの就職活動を通じ、皆さんも感じていると思いますが、これから船出する日本社会は極めて重要な局面にあります。私達一人ひとりが積極的に社会と関わっていくことが、これまで以上に求められている時代となっています。それ故に、本学の教育理念である、「より良き社会の形成に自ら貢献する」ということを、積極的に、誠実に展開していくことを期待しています。

 

古典に、「窮すれば即ち変ず、変ずれば即ち通ず、通ずれば即ち久し」という教えがあります。事態が大変な状態にまで進むと、人やものに変化が起こり、変化が起こると、そこから新しい展開が始まります。そしてその展開が久しく続く、という教えです。しかし、「変化」というのは、何も無いところ・何もしないところには起こりません。しっかりとした基本、しっかりとした根っこをもって行動を起こすところにのみ、「変化」は生じます。

 

茶人の千利休は「稽古とは、また学ぶということは、一より習い十を知り十よりかえるもとのその一」と我々に教えています。この「一」というのは、基本や根っこのことで、大事なことは常に基本に立ち返るという教えです。即ち、皆さんが本学の先生から学び感動したこと、何十冊も目を通した教科書やいろんな書物から吸収した知識、友達同士で学び感動したことなどなど、この2年間は皆さんのこれからの人生の大切な基礎、大切な根っこであることを常に思い起こし、より良き社会の形成に自ら貢献して下さい。

 

どうかこれからもより一層健康で積極的な人間模様を織り成して下さい。

卒業おめでとうございます。

2010年4月27日 |

浦山学園では、ネットワーク回線作業のため、下記の期間インターネット及びメールの送受信が不通となります。皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解の程よろしくお願いいたしす。

尚、この期間の緊急のお問い合わせ等につきましては、電話又はFAXにてご連絡をお願いいたします。資料請求やメールでのお問合せにつきましては、4/26(月)以降順次お返事をいたします。 

【作業に伴う通信不通期間】 4/24(土)9時~4/25(日)終日作業

【不通となるもの】HPからの資料請求、お問い合わせ、メール送受信

【上記期間のごお問い合わせ先】

■富山福祉短期大学 TEL:0766-55-5567/FAX:0766-55-5568

■富山情報ビジネス専門学校 TEL:0766-55-1420/FAX:0766-55-0757

■中央予備校富山校 TEL:0120-495950/FAX:076-441-2060

■金沢中央予備校  TEL:0120-131559/FAX:076-221-8885

■学園本部       TEL:0766-55-3977/FAX:0766-55-3807

 

 

 

 

2010年4月19日 |

ページトップへ