Home >

学校法人 浦山学園

浦山学園小杉キャンパス(富山福祉短期大学・富山情報ビジネス専門学校)では、ネットワーク機器更新作業のため、下記の期間インターネット及びメールの送受信が不通となりますのでご案内いたします。皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。尚、この期間のお問い合わせ等につきましては、電話又はFAXにてご連絡をお願いいたします。

●【作業に伴う通信不通期間】 8/28(金)16時~8/30(日)終日

●【不通となるもの】HPからの資料請求、お問い合わせ、メール送受信

●【上記期間のごお問い合わせ先】

<富山福祉短期大学>                TEL:0766-55-5567

<富山情報ビジネス専門学校>     TEL:0766-55-1420

<学校法人浦山学園 学園本部>  TEL:0766-55-3977

 

以上、よろしくお願いいたします。

2009年8月28日 |

公立保育園の運営を受託してから4年目になります。新湊作道保育園の園児達の保育・教育に一生懸命情熱を注ぐ職員や元気で明るく遊ぶ園児達の顔を見るたびに、保育園運営を受託出来たことに素晴らしい意義を感じています。保育理念や保育目標が明確になっているか?職員間でそれが認識共有されているか?一日の流れ(カリキュラム)はどうか?園児達は健全に成長しているか?などなど、その役割りの向上のための議論はつきません。4年目ということもあり、保育園も新しいことに挑戦する時期を迎えていた時、鹿児島で三つの保育園を運営している横峰理事長との出会いが私の『思い』を大きく動かしました。

3歳や4歳の子どもがひらがな・カタカナを拾い読みし、絵本を楽しそうに読んでいる。学習帳(書き取り帳)にお絵かきをするような感じで、一人ひとりがきちんとお座りしてして、ひらがなやカタカナを書いている。5歳のクラスでは文章や手紙を書いたりしている。計算も皆それぞれに、数字を囁きながら、学習帳に書いている。先生がかけた音楽のCDに合わせ園児達がピアニカを弾き始めた。5歳までには数十曲のレパーリーを持つようになるという。5歳児の男子全てが逆立ち歩きをし、普通の跳び箱8段をクリア。動作から動作に移る時のきびきびした返事。子ども達のその表情に何度も感動しました。

横峰理事長先生は、子どもをやる気にさせる4つのスイッチがあるという。-①子どもは競争することが好き②子どもはチョットだけ難しいことをやりたがる③子どもは真似をしたがる④子どもも他人から認めて欲しい- そのスイッチを入れる環境を作り出し、人間の才能である『心の力』・『学ぶ力』・『体の力』を付けさせ、子ども達が生まれ持っている『可能性』を最大限に引き出す教育が大事だと指摘しています。

子どもは、起居をともにする一番信頼できる大人(多くは親)に甘え、依存し、やがて反抗期を通して『自立』していきます。親に甘え、依存し、反抗することは子どもの成長に不可欠なプロセスです。このことを、日本人は、『しっかり抱いて、下に下ろして、歩かせる』という言葉で語り継いできました。この格言は、子どもの発達段階に応じた親のかかわり方の本質を端的に衝いています。3歳までは、親との安定した感覚的・心理的な結びつき(愛着)が大切といわれています。『しっかり抱いて』とは、親に甘えて依存するという、親子の『愛着』形成の重要性を表しています。『下に下ろして、歩かせる』は、愛着からの『分離』になります。『愛着』が母性原理であるとすれば、『分離』は父性原理と言うことが出来ます。

少子化時代である今日では、『親心の喪失』と『過保護』という、対立する2局面が同時に起きています。これは何れも子どもの自立を促すことになりません。内閣府が2003年に実施した『若年層の意識実態調査』によると、子どもがいる女性の63.3%が『育児の自信がなくなる』と回答しています。また、63.9%が『自分のやりたいことが出来なくて焦る』、75.2%が『なんとなくいらいらする』と答えていることから、育児不安や子育てに伴うストレスを感じている親が多いことが分かります。子育ては、他者を育てることで自分を活かしていくことにほかなりません。 

今回の鹿児島の保育園児達は私に感動を勇気を与えてくれました。子ども達の『可能性』を引き出す教育を行うことによって、子育てに悩むのではなく、親子一緒になって学び、育っていく、そんな保育園運営を目指します。2010年の後半には、新湊作道保育園の園児たちは今よりももっとはつらつとした姿を見せてくれることを確信しています。

 



 

2009年8月11日 |

=お盆休みに伴う校舎閉館のお知らせ=

浦山学園小杉キャンパス(富山福祉短期大学・富山情報ビジネス専門学校)では、下記の期間をお盆休みとし、校舎を閉館させていただきますのでお知らせいたします。

<閉館期間>

●8月13日(木)~8月16日(日)

尚、上記期間にいただきましたお問合せ(FAX、メール等)に関しましては、8月17日(月)以降、順次お返事させていただきますのでご了承くださいませ。

よろしくお願いいたします。

2009年8月 6日 |

浦山学園小杉キャンパス(富山福祉短期大学・富山情報ビジネス専門学校)では、ネットワーク機器更新作業のため、下記の期間インターネット及びメールの送受信が不通となりますのでご案内いたします。皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。尚、この期間のお問い合わせ等につきましては、電話又はFAXにてご連絡をお願いいたします。

●【作業に伴う通信不通期間】 8/28(金)16時~8/30(日)終日

●【不通となるもの】HPからの資料請求、お問い合わせ、メール送受信

●【上記期間のごお問い合わせ先】

<富山福祉短期大学>                TEL:0766-55-5567

<富山情報ビジネス専門学校>     TEL:0766-55-1420

<学校法人浦山学園 学園本部>  TEL:0766-55-3977

 

以上、よろしくお願いいたします。

 

 

2009年8月 6日 |

ページトップへ