Home >

学校法人 浦山学園

 親学フォーラム案内チラシPDFファイル(250KB)
メールでのお申し込みはこちらからどうぞ■

今、なぜ「親学(おやがく)」なのか―。不登校・いじめなどの教育問題、そして少年犯罪の増加やフリーター急増などの社会問題が顕在化してくる中で、その根底にある家庭教育のあり方に目を向けるべきではないか?そういった観点から、全ての教育の出発点であり人間形成の基礎を培う「家庭教育」について改めて一緒に考えてみようとして、平成13年9月に、『富山親学フォーラム』は始まりました。  価値観が多様化し複雑化する現代社会では、家庭教育や学校教育においてこそ、子どもたちと真の人間力を回復するコミュニケーションが必要ではないでしょうか。本年で第4回を数える当フォーラムは、開催当初からの一貫したテーマ、「親が変われば子が変わる」の下、基調講演とワークショップを通じ、親と子の双方が豊かな人格として育つにはどうあるべきかを参加者の皆さんと共に考えます。

■日時: 11月19日(土)13:30~16:30 (受付開始 13:00から)
■会場: 県民共生センター サンフォルテ      
   富山市湊入船町6-7TEL 076-432-4500

 ・定員200名 入場無料
 ・駐車場無料(指定駐車場のみ)指定駐車場は「富山北モータープール」です。
 ☆託児承ります。

■基調講演 13:40~14:30  『親が変われば子が変わる』
 明星大学 教授 高橋 史朗 氏

■ワークショップ(定員各50名) 15:00~16:30

『父親・母親の役割と次世代育成支援』  明星大学教授 高橋 史朗氏

 次世代育成支援対策推進法・「次世代育成支援施策の在り方に関する研究会」提言・「三歳児神話」と脳科学・構成力と抑止力・父親・母親の役割・お父さんの10か条・新たな動き

○講師紹介(プロフィール)------------ 高橋 史朗(たかはし しろう)氏  昭和25年生まれ。早稲田大学大学院修了後、スタンフォード大学フーバー研究所客員研究員、臨時教育審議会(政府委嘱)専門委員、国際学校研究委員会(文部省委嘱)委員、神奈川県学校不適応(登校拒否)対策研究協議会専門部会長、親学会副会長、青少年健全育成調査研究委員会(自治省委嘱)座長を経て、現在、明星大学教授、玉川大学大学院講師、師範塾塾長、感性教育研究所所長、埼玉県教育委員会委員長職務代理者。 主な著書/『悩める子供たちをどう救うか』(PHP研究所)、『臨床教育学と感性教育』(玉川大学出版部)『癒しの教育相談(全4巻)』(明治図書)、『学級崩壊」10の克服法』(ぶんか出版)『親学のすすめ』((柏)モラロジー研究所)、訳書/『ホーリズムと進化』(玉川大学出版部)など。

『力耕 吾を欺かず』 -中国の詩人「陶淵明」の詩中の一節より-
株式会社 イエローハット相談役 鍵山 秀三郎 氏  

一生懸命、努力と精進を積み重ねることによって必ず道は開けてくる。日々の精進とたゆまぬ努力を積み重ねることによって自分自身に全て返ってくる。・明日への希望を持てるのは人間だけ・希望の内容がその人の人格を表す。・人格を磨くには、自分にとって益は無くても意味はある、得にならないことをやる。・自分の努力は何一つ無駄にならない。・・に対する鍵山先生の体験・国家の重大事は、金融・産業政策より、次世代を育てる教育、中でも心の教育が大切。・口だけを使うのではなく、手・足・体・頭を心と共に動かす。・心を平常に保つには、自ら暮しと職場環境をきれいにすること。・真の幸せとは、義務と秩序を甘受する中にあり。・心あるところに宝あり。

 ○講師紹介(プロフィール)------------ 鍵山 秀三郎(かぎやま ひでさぶろう)氏  昭和8年生まれ。昭和27年に岐阜県立東濃高等学校を卒業後、翌年、自動車用品会社「デトロイト商会」に入社。昭和36年「ローヤル」を創業。自転車1台の行商からスタートし、現在、卸と小売り方式で販売店「イエローハット」を全国に展開中(平成16年3月末現在503店舗 *資本金150億円 *年商1250億円)。平成9年9月東京証券取引所市場第一部に上場。同10月株式会社イエローハットに社名変更。平成10年6月取締役相談役に就任。 主な著書/『日々これ掃除』、『小さな実践の一歩から』、『凡事徹底』(到知出版社)、『一日一話』(PHP研究所)など その他:"商い"の原点を問う「てんびんの詩」の映画、ビデオを企画制作し、企業等の教育研修用として幅広く使用されている。

生きる力をはぐくむ総合的な学習』   小杉町立小杉小学校校長 水上 義行 氏  

戦後の日本の教育は急激な速さで豊かさを得たものの、様々な課題に悩まされている。文部科学省は、子どもたちに「生きる力」を育みたいと「総合的な学習」の時間を設定した。子どもの自主性・主体性を大切にする問題解決型の学習の現実を検証し、その意義を明らかにし、子どもや保護者の期待に応える学習を目指さなければならない。そのための、学校・家庭・地域社会のあり方を問いかける。

 ○講師紹介(プロフィール)------------ 水上 義行(みずかみ よしゆき)氏  昭和22年生まれ。東洋大学文学部教育学科卒業。富山県内4校の小学校に勤務後、富山県砺波教育事務所指導主事、砺波市立出町小学校教頭、富山大学教育学部附属小学校副校長、大島町立大島小学校校長、富山県高岡教育事務所所長を経て、現在、小杉町立小杉小学校校長。  また、富山社会科教育研究会会員、砺波社会科同好会会員、富山県小学校教育研究会社会科専門員・生活科専門員・生活科部長を経て、現在、日本生活科・総合的学習教育学会地域世話人・富山県支部長、富山県小学校校長会研究部長・射水郡小学校校長会会長、環日本海域小学校授業研究会幹事、。 昭和58年11月には小杉町教育功労表彰を受章。 主な著書/『生活科へのチャレンジ』(古今書院)、共著/『富山県を築いた人々』(旺文社)、『富山ウォーキングガイド』(CAP)、『追究の道筋が見える授業』(明治図書)、『小学校学習情報事典-3年社会科-』(ぎょうせい)など。

 

■主催:学校法人浦山学園[富山福祉短期大学 富山情報ビジネス専門学校 富山中央学院 中央予備校富山校 金沢中央予備校]

■後援:富山県教育委員会 富山県PTA連合会 富山県高等学校PTA連合会 富山県私立中学高等学校協会 富山県小学校長会 富山県中学校長会 富山県高等学校長協会 富山県民間保育連盟 ⑳富山県児童クラブ連合会 富山県保育士会 富山県私立幼稚園協会 ⑳富山県専修学校各種学校連合会 ⑳日本青年会議所富山ブロック協議会 ⑭PHP研究所 北日本新聞社

学校法人 浦山学園 富山親学フォーラム運営委員会 〒939-0341 富山県射水郡小杉町三ヶ613 TEL(0766)55-3977 FAX(0766)55-3807
 -----------------
参加申込方法  
参加ご希望の方は、電話・FAX・E-mail・HP・郵便等にて「学校法人 浦山学園 富山親学フォーラム運営委員会」までお申し込みください。電話・E-mailでお申し込みの場合は、申込書の各項目についてお知らせください。  参加申込方法等にご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。  乳幼児から青少年の保護者、教育に携わる仕事をされている方など「親学」に関心のある方は、お気軽にご参加ください。
★参加決定につきましては、後日ハガキにてご案内いたします。
★ご記入いただきました個人情報は安全に管理し、当フォーラムの参加受付以外では使用いたしません。

 ○ワークショップ参加希望を第1希望・第2希望まで ご記入ください。
テーマ 1.『父親・母親の役割と次世代育成支援』(定員50名)
テーマ 2.『力耕 吾を欺かず』-中国の詩人「陶淵明」の詩中の一節より-(定員50名)
テーマ 3.『生きる力をはぐくむ総合的な学習』(定員50名)

 ○託児希望の方は、ご記入ください。
 ○講師へのご質問などがありましたらご記入ください

↓FAXでお申し込みいただく方は、こちらから案内書をダウンロードしてください ↓
親学フォーラム案内チラシPDFファイル(250KB) ■
メールでのお申し込みはこちらからどうぞ■

2005年10月11日 |

ページトップへ