Home >

学校法人 浦山学園

◆◇◆ 親が変われば子が変わる ◆◇◆
第3回          おやがく
2004年版労働経済白書において、1534歳で学校卒業後、職探しも通学もせず未婚という若者が52万人に達したと発表されました。また『青少年問題審議会』は、まず大人自身の意識改革の重要性を強調し、親の子育てを支援し、青少年を問題行動から守り、社会性を培っていくための社会環境の構築の重要さを指摘しています。アメリカでは過去3回の大統領選挙で民主・共和の両党がトップ公約に『伝統的家庭の価値を取り戻す』を上げ、失業率の増加、50%を超える離婚率、個人の自由が優先された結果の家庭崩壊など、色々な社会問題から立ち直るために、政府が『家庭強化』のためのプログラムを支援しています。
『富山親学(おやがく)フォーラム』は、自らの人格を磨き、親としていかに子育てをすることが望ましいか、信頼し合える親子関係を作るには何が大切か、家族から社会への関係をどのように築いていくべきか、などについて学びを深めたいと考えています。
■日時

2004年11月7日(日)   13:30~17:20
              
(受付時間13:00から)

■会場 富山第一ホテル
[プログラム]
13:40~14:30 基調講演  ◇会場:3階(白鳳の間)
テーマ : 『親が変われば子が変わる』
講 師 : 明星大学 教授 高橋 史朗 氏
14:40~15:40 パネルディスカッション  ◇会場:3階(白鳳の間)
 【パネリスト】
  明星大学 教授 高橋 史朗 氏
  ㍿イエローハット 取締役相談役  鍵山 秀三郎 氏
  富山市立堀川小学校 校長 恒田 勉 氏
【コーディネーター】
  ㍿ アイバック 代表取締役社長 小沢 伊弘 氏
15:50~17:20 ワークショップ  <各クラス定員30名 (先着順)>
   
『幼年期の教育』
 ~脳を育む教育の基礎・基本~
 講師:明星大学 教授 高橋 史朗 氏

 ①教育の出発点としての両親、親 ②知・徳・体育が土台としての感性教育 ③脳科学の視点から・・感受性期とPQ(人格的知性) ④四書五経と四端・・・江戸期の幼年教育 ⑤基礎と基本の関係 ⑥家庭教育の具体的なあり方

 『こころあるところに宝あり』 ~(手島 郁郎氏の教え)~
 講師:㍿イエローハット 取締役相談役 鍵山 秀三郎氏

 ①子どもの秘められたこころを知ることの大切さ ②子どもを真に愛し、正しく守るということはどういうことか ③「微を以ってして、萌を知る」(韓非子)ためには 

 『健康・体力は生きる力の基盤』  
 講師:富山市立堀川小学校 校長 恒田  勉 氏

健康・体力は学習はもとより物事に取り組むときの興味・関心・意欲・態度に大きく関わる。望ましい健康・体力作りに向けて、運動・食事・睡眠等の基本的生活習慣の在り方、友だちや親子との人間関係の在り方などについて考える。

[講師紹介]

高橋 史朗(たかはし しろう)氏

昭和25年生まれ。早稲田大学大学院修了後、スタンフォード大学フーバー研究所客員研究員、臨時教育審議会(政府委嘱)専門委員、国際学校研究委員会(文部省委嘱)委員、神奈川県学校不適応(登校拒否)対策研究協議会専門部会長、親学会副会長、青少年健全育成研究会(自治省委嘱)座長を経て、現在、明星大学教授、玉川大学大学院講師、感性教育研究所所長。 主な著書/『悩める子供たちをどう救うか』(PHP研究所)、『臨床教育学と感性教育』(玉川大学出版部) 『癒しの教育相談(全4巻)』(明治図書)、『学級崩壊」10の克服法』(ぶんか出版)『親学のすすめ』(柏)モラロジー研究所)など 参考:高橋先生のHP(「師範塾」関連) http://www.shihanjuku.com/
 
鍵山 秀三郎(かぎやま ひでさぶろう)氏

昭和8年生まれ。昭和27年に岐阜県立東濃高等学校を卒業後、翌年、自動車用品会社「デトロイト商会」に入社。昭和36年「ローヤル」を創業。自転車1台の行商からスタートし、現在、卸と小売り方式で販売店「イエローハット」を全国に展開中(平成14年年3月末現在468店舗 *資本金150億円 *年商1250億円)。平成9年9月東京証券取引所市場第一部に上場。同10月株式会社イエローハットに社名変更。平成10年6月取締役相談役に就任。 主な著書/『日々これ掃除』、『小さな実践の一歩から』、『凡事徹底』、『気づきの秘訣』(致知出版社)など その他:"商い"の原点を問う「てんびんの詩」の映画、ビデオを企画制作し、企業等の教育研修用として幅広く使用されている。
恒田  勉 氏(つねだ つとむ)氏

昭和20年生まれ。金沢大学教育学部卒業。 富山県内3校の小学校に勤務後、魚津教育事務所・県教育委員会教職員課・富山市立寒江小学校・県教育委員会指導課(現 学校教育課)を経て現在、富山市立堀川小学校長 富山県小学校長会長
小沢 伊弘(こざわ ただひろ)氏

昭和24年富山県生まれ。昭和47年から58年まで渡米、昭和58年に帰国し、(財)富山県置県百年記念財団において主任研究員を務め、昭和61年に株式会社アイバックを設立。 現在、株式会社アイバック代表取締役、富山県国際課主任専門員として活躍中。 専門分野としては、企業コンサルティング、コンピュータサイエンス、都市計画等がある。
■主催:学校法人浦山学園[富山福祉短期大学 富山情報ビジネス専門学校 富山中央学院 中央予備校富山校 金沢中央予備校]
■後援:富山県教育委員会 富山県PTA連合会 富山県高等学校PTA連合会 富山県私立高等学校協会 富山県小学校長会 富山県中学校長会 富山県高等学校長会 富山県民間保育連盟  (社)富山県児童クラブ連合会 富山県保育士会 富山県私立幼稚園協会 (社 )富山県専修学校各種学校連合会  (社)日本青年会議所富山ブロック協議会 PHP研究所 北日本新聞社
[参加申込方法]
参加ご希望の方は、電話・FAX・E-mail・HP・郵便等にて「学校法人 浦山学園 富山親学フォーラム運営委員会」までお申し込みください。電話・E-mailでお申し込みの場合は、申込書の各項目についてお知らせください。 参加申込方法等にご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。 乳幼児から青少年の保護者、教育に携わる仕事をされている方など「親学」に関心のある方は、お気軽にご参加ください。

メールでのお申し込みはこちらからどうぞ

2004年9月29日 |
浦山学園では来る11月7日(日)午後1時30分より、富山第一ホテルにて第3回「富山親学フォーラム」を開催いたします。
このフォーラムは、少年犯罪の増加、フリーターの増加など、児童や若者を取り巻く様々な社会問題が渦巻く現代において、親や大人はどうあるべきなのかを考えていこうという主旨もと、一昨年より毎年継続的に開催しています。
乳幼児から青少年に至るまでの保護者や教育関係者を対象に、さまざまな教育問題や子育ての悩みについて語り合い、少しでも私たち大人が成長できる場になればと思い、今年度も第3回富山親学フォーラムを下記の通り開催いたします。多数の方のご参加、心よりお待ち申し上げます。


=第3回富山親学フォーラム=

日時:平成16年11月7日(日)  午後13:30より
場所:富山第一ホテル 3階 白鳳の間

■基調講演「親が変われば子が変わる」
 明星大学教授 高橋史朗氏

■パネルディスカッション
<パネラー>
明星大学教授 高橋史朗氏
株式会社イエローハット取締役相談役 鍵山 秀三郎氏
富山市立堀川小学校 校長 恒田 勉氏
<コーディネーター>
株式会社アイバック 代表取締役社長 小沢 伊弘氏

■ワークショップ
「幼年期の教育」・・・高橋史朗氏
「こころあるところに宝あり」・・・鍵山秀三郎氏
「健康・体力は生きる力の基盤」・・・恒田勉氏
2004年9月28日 |

ページトップへ