Home >

学校法人 浦山学園

過日、大勲位、中曽根康弘元総理大臣の お話をお伺いする機会がありました。86歳を微塵も感じさせないその存在感は『偉大』に感じられました。『指導者には、目測力・結合力・説得力が重要だと 思う。今の若い議員の皆さんは非常に事務的優等生が多いが、くそ度胸やカリスマ性とかやんちゃ的な優等生がいない。これでは、改革的な行動を起こせな い』。『僕は前から歴史観を持てと言っています。今、これだけ世の中が乱れて、共産主義もだめだ、アメリカの資本主義もだめだ、では何だと聞いたら、当て になるのは歴史ですよ。日本や世界の歴史をよく見て、その中から自分で感得したものが本物なんでね、そういう歴史観を持つことです。もう一つは宗教性を持 つことですよ。やはり、目に見えないものを畏(おそ)れる、そういう謙虚さ、宗教性というものを持つと、カリスマ性とか奥ゆかしさが出てきますね。そうい うものを持った者が国民に尊敬されるので、決して優等生が尊敬されるわけではありません。その辺を考えて、勉強してもらいたい』。約50分間。大勲位の話 は『魂と精神と気合が一体』だと感じました。

大勲位の考えや話は新聞・雑誌やテレビなどで良く見聞しますが、最近の著書、『命 の限り蝉しぐれ』の中で教育に関して次のように書いてあります。『昭和22年、初めて代議士になった年に、教育基本法を見て、何だ、これは、と思いまし た。まず公の概念がない。日本の伝統や文化、歴史がまったく考慮されてない。その上、権利とか個性とか人格、或いは自由とか民主主義とかは豊富に書いてあ るが、義務とか責任、国の歴史と伝統、文化、さらには家庭などに対する配慮はほとんどない。だから私は、この教育基本法は蒸留水であると言っています。日 本の水の味がしない。ブラジルでもメキシコでもどこへ持っていっても適用できる。無国籍だ。だからこれを日本国の教育基本法に変えなければならない』。

また、最近のテレビではこんな発言がありました。『いま、学習指導要領が新しく なっていますが、生徒が教わることを充実させることは大事だが、先生達が教える方法を充実させる学習指導要領の方がより重要だ。もっと精神的教育を取り組 み、実践することが望ましい。特に、小学校では、家庭のあり方を教える。中学では、地域や国のために何が出来るかを教える。高校では、志を。そして、大学 などでは、使命感を教育する』。                 

今回の講演で大勲位は、20世紀の悪いものは『清算』し、良いものは『継承』す る、そして新しい創造的な『発展』を図ることが重要だと言われた。そしてそれは、この講演の冒頭に述べられた『目測力』『結合力』『説得力』が必要だと力 説された。『目測力』とは、ものごとがどのように変化していくか、それをどのように収束したらいいかを目測する力。『結合力』とは、良い情報を集め同士を 糾合していく力。そして『説得力』とは第三者に対して物事を諄々と説く力。 この三点が重要であると喝破した。
2004年6月21日 |

ページトップへ